鳶・足場工事 求人特集


鳶・足場工事とは

鳶とは、建設・建築現場で、高所での作業を専門とする職人の事を言います。
鳶職はビルやマンションなどの高所施工を得意とします。
鳶職は、足場・重量・鉄骨・橋梁・機械鳶など、多種多様に仕事があります。
未経験でも見習いとしてスタートする事ができ、学歴や資格、経験ががなくても仕事に点けるのが特徴です。
どの業者よりも最初に工事現場に入り、工事現場の柵(仮囲い)を組み、鉄骨を組みます。
工事現場での撤収作業もありますので、「建設業は、鳶に始まり鳶に終わる」ともよく言われます。

足場職人とは、鳶職とは別に、一般住宅の足場を組み立てたり解体する職人の事を言います。
一般住宅などの工事現場だけでなく、イベントの会場設営やステージの照明などを組み立てる現場もあります。
足場職は、実際に使う大工や塗装屋さんなどがが使いやすく、安全に作業が運ぶよう作業する大事な仕事となります。
仮設足場のレンタルや備え付け、解体を一体で請け負っている会社が多く、
設置現場の安全性、足場解体時の効率化など、状況に応じて適格に判断し、組み立てることが求められます。

鳶・足場工事の魅力とは

職人の命を守るやりがいのある仕事。それが「鳶・足場工事」です。
危険が多い高所での現場であっても、その後に仕事をする職人さんが、安心して安全に作業できるようしっかり整備するのが鳶・足場職の仕事であり、建設・建設工事には欠かすことができない唯一無二のお仕事です。
職人の腕も存分に発揮できる環境なので、完成した建物の出来栄えも達成感を感じられるものになります。
鳶・足場の仕事は新設だけではなく、基本的に、その建物における作業が終了した後、役目を終えた足場を撤去する作業も残っています。
そのため、新設と撤去の2つの知識と技術が必要になりますので現場の最初と最後を見られるのも魅力のひとつです。

仕事のメリット・やりがい

施工をやり遂げたとき

ひとつの現場ををやり遂げたときの達成感は一口では言いあらわせません。
鳶・足場工事の仕事はチームワークなしでは絶対できません。
高所での危険な作業や体を使う体力仕事もあるので、細心の注意を自分はもちろん、仲間に対しても払う必要があります。
高所である足場と地上にいる仲間とのやり取りもあるため、お互いに声をかけあって合図するということも必要になります。
最初に足場を設置できたときはもちろん、全ての工事が完了して撤収する際に、解体作業を終えたときには、なんともいえない達成感があります。

技術が身に付いたとき

鳶・足場工事の仕事は、コツコツとひとつずつ仕事を覚えて、経験を積み上げていく事が成長への近道です。
ひとつの現場が終われば、ひとつだけでなく、2つ3つと新しい技術が身についていくという仕事です。
建築関係の仕事を全くの未経験から始めて、少しずつ仕事を覚えていったスタッフも多くいます。
先輩職人に「一人前まであと少し、できるようになってきたな」と声をかけられた瞬間はとてもうれしかったです。
技術を覚えて自分でもそれを実感し、仕事の役に立ったと感じた時、胸の奥から突き上げるような喜びがあったのを今でも忘れません。

鳶・足場職人に必要な資格は、様々あります。もちろん、未経験から始められるのも大きな特徴ですが
重いものをクレーンなどに掛け外しする”玉掛け技能資格”。つり足場・張り出し足場、高さ5m以上の構造の足場の組立て、解体・変更の作業指揮を行う”組立等作業主任者”。金属製(鉄骨)の部材を使用した、5m以上の建物を建設する際の指揮”建築物等の鉄骨組立等作業主任者”。職人としては1人前の証となる”とび技能士”などの資格があるとより就職に有利になります。とび技能士は1から3級まであります。
今は多くの企業が働きながら資格を取得できる「資格取得支援制度」を設けている所も多く、お給料をいただきながらスキルアップが可能なお仕事です。
未経験からスタートするのが多いのもこの職種の特徴です。仕事柄チームワークが大事な環境ですので、やさしい先輩スタッフが丁寧に指導し、スキルアップする方も多数おられます。高所での作業なので、危険な仕事と思われがちですが、今の時代は、安全第一で作業を進めるのが当たり前となっておりますので、安心して仕事に専念できる環境となってます。
建設・建築業を支える「鳶・足場」だからこそのやりがいを見つけて、この機会に新しい世界にチャレンジしてみませんか。

鳶・足場工事の求人条件を選んで探す

鳶・足場工事で働くエリアを選んで探す

鳶・足場工事の企業一覧

関連記事

  1. 京都の不動産求人特集

  2. 京都特集

エリアから探す

業種から探す

こだわりから探す

キーワードで探す